太陽光発電システム導入時に抑えておきたいポイント

太陽光発電システムの導入を検討する場合、まず一番最初に検討しておかなければならないポイントと言えば「値段」ではないでしょうか。
基本的に値段が高ければ高いほどシステムの性能、規模共に充実するので効率よく発電することが可能となります。
システムにはいくつかの必要機器がありますが中でも費用の大部分を占めている太陽光パネルの選び方は非常に重要といえるでしょう。
太陽光パネルはいくつか種類があり、最も古くから使われている単結晶シリコン型が変換効率が高く最も需要のある太陽光パネルとなっています。
ただシリコンの使用量が多く値段も高くなっているため、シリコン使用量が少ない多結晶シリコン型、薄膜シリコン型といった太陽光パネルの需要が今後高まると予想されます。
太陽光パネルは太陽の光を電気へと変える変換効率の良いものほど、設置枚数が多くなるほど価格が高くなってくるため、施工メーカーと相談しながら慎重に検討していきましょう。
太陽光パネルの価格は種類にもよりますが容量1kwあたり50万円前後の価格となり、一般的な家庭での年間電力消費量はおよそ4kwということなので太陽光発電システム導入費用はおよそ200万円が目安となります。
もちろんこれはあくまでも目安なので導入する世帯によっては高くもなれば低くもなるでしょう。
複数の施工メーカーへ見積もり依頼をすることで費用の相場を把握しつつ最安値の太陽光発電システムを導入できるので是非活用してください。
複数の施工メーカーとの打ち合わせを同時進行していくことで値段以外にもスタッフの誠実さ、サポート力、提案力など重要なポイントを比較することが可能です。
費用をある程度抑えることが出来ても高額な買い物となることは間違いないので、施工メーカーのキャンペーンや特典、固定価格買取制度や補助金制度など利用できるものは全て利用しましょう。
国や都道府県、地方自治体による補助金制度はお住まいの地域によって受け取れる金額が異なるので、導入前には必ず担当窓口へ問い合わせしておきましょう。